コラム
電磁波の健康被害
貴峰道へのお問い合わせ
お知らせ

ごしんじょう療法を行う治療院、施術所は全国各地にありますが、本療法は習得度によって治療効果に大きな差があります。中には高額の施術料を請求している施術所もありますが、貴峰道とは一切関係ありませんのでご注意ください。地方で施術を受けたい方は、必ず貴峰道にお問い合わせください。

梶川憲治医師の推薦文

貴峰道 > 推薦文 > 梶川憲治医師の推薦文

無限の可能性が“ ごしんじょう療法”には開けていると言えるでしょう

消化器系癌外科医 梶川憲治

原因のわからぬ堪らないほどの慢性疼痛に対する効果は、他の治療法に比べて、ごしんじょう療法は、断然群を抜いています。実際に、治療しておられる現場で、癌のいわゆる末期の患者さんを含めて色々な患者さんを定期的に観察してみましたし、お話もお聞きしましたが、どうして痛みが取れるのかということが判断は出来ませんでした。とにかく患者さんは一応に、身体が軽くなったといわれ、全く奇跡だと喜んで次々に帰っていかれます。医師としてもただ呆然と見送るということになります。
ごしんじょう療法は内服などを使わず鍛え抜かれた二本の金の棒で身体中を擦る、押し付けるだけで長年治癒しなかったすさまじい疼痛も、アトピーも、ステロイドを散々使かった後の突発性難聴も軽快するのですから、いくら今の医学が万能だと思っていても、自分たちにできないことは、謙虚に認めなくていけないのではないかと信じます。しかもごしんじょう療法は全く副作用なしなのです。
癌の中で一番怖いと言われるスキルス性胃癌がごしんじょう療法のみで消え、著効する驚天動地の症例も確認しました。
まさに、無限の可能性が"ごしんじょう療法" には開けていると言えるでしょう。

かじかわ・けんじ  1968年、山口大学医学部卒業後、同大学医学部第一外科入局。71年から癌研究会附属病院(現・財団法人癌研究会有明病院)、74年から厚生連長門総合病院副院長、外科部長、76年から済生会下関総合病院外科部長、80年、医療法人社団光仁会梶川病院院長。

(平成20年9月)



梶川医師は、「ウエンディ広島」という新聞のメディカルコーナーで、平成20年9月号から平成21年1月号まで、「医療最前線」として「ごしんじょう療法」を5回連載されました。